Loading

シェアリング・エコノミー事業

地方×シェア

2025年には、世界市場規模が現在の20倍以上に拡大すると言われている『シェアリング・エコノミー』。

インターネットを活用し、使い道のないもの、余っているものを個々人がシェアするビジネスのことで、

政府が掲げる「日本再興戦略2016」にもその名が挙がるなど、地方創生を加速させるビジネスとして期待されています。

ビジップは、独自のシェアリング・エコノミーのプラットフォームを構築し、地方に溢れる資産の再活用を通じて、地域の活性化を行っています。

シェアリング・エコノミーの成長はこれから。
地方で勉強会やセミナーを開催するなど、シェアリング・エコノミーの啓蒙活動も行っています。

ビジップが運営する地方発信メディア「ふるさとメディアらぼ」では、シェアリング・エコノミーに関する最新情報を提供しています。

PAGE TOP