中小・ベンチャー企業に特化した支援事業ならビジップ株式会社

シェアリングエコノミー事業

  • HOME »
  • シェアリングエコノミー事業

「シェアリング・エコノミー」とは、
個人が保有している遊休資産(モノ・ヒト・スキル・カネ)をインターネットを介して有効活用する事業のことで、2025年には、世界市場規模が現在の20倍以上に拡大すると言われています。
使い道のないもの、余っているものを個々人がシェアすることで経済を活性化できるため、地方創生を加速させるビジネスとして注目を浴びています。
ビジップは、独自のシェアリング・エコノミーのサービスを構築し、地方に溢れる資産の再活用を通じて、地域産業の活性化を行っています。また、地方で勉強会やセミナーを開催するなど、シェアリング・エコノミーの普及活動も行っています。

 

勉強会・セミナーの運営

シェアリング・エコノミーの理解を深めるための勉強会を地方で開催しています。
時間や場所を問わず始められるビジネスであることから、地方の学生や主婦にも注目を浴びます。

シェアリング・エコノミーに関する情報発信

ビジップが運営するメディア「ふるさとメディアラボ」にて、シェアリングエコノミーに関する情報をお届けしています。

 

TEL 0120-640-702 営業時間 9:00 - 18:00(土・日・祝日除く)

  • メールでお問い合わせはこちら
  • facebook
  • twitter
Copyright © ビジップ株式会社 All Rights Reserved.